【2023最新】横須賀市のおすすめサッカースクール・クラブを紹介![評判口コミ・料金相場]

更新日:

おすすめのスクール・クラブを見る

【新着順】横須賀市のサッカースクール・クラブからのお知らせ

※現在表示できる新着情報はありません。

【新着順】横須賀市のサッカースクール・クラブの評判・口コミ

※現在表示できる評判・口コミはありません。

おすすめのスクール・クラブを見る

神奈川県のサッカースクール・クラブの費用相場

区分サッカースクール・教室サッカークラブ・チーム
入会金6,241円3,959円
年会費(スポーツ保険含む)5,350円8,825円
月会費(月謝)7,297円5,908円
ユニフォーム費用8,497円23,063円
年間発生費用
[初年度]
107,653円106,741円
年間発生費用
[2年目以降]
92,915円79,720円

※上記の表は、神奈川県のサッカースクール・クラブを対象にサルウェブが独自調査を行った結果によるものです。詳細については、必ず各クラブ・スクールへ直接ご確認ください。

市区町村ごとで見る費用相場

神奈川県のサッカースクールの月謝費用は、市区町村ごとに大きな変わりはなく7,000円~7,500円程度が月謝相場であると考えておきましょう。

神奈川県のサッカースクールの多くは横浜市・川崎市あたりに集中して開校されているものが多いです。横浜市や川崎市から離れたエリアから(車などで)送り迎えをしてレベルの高いサッカースクール・クラブに通わせている、といった家庭も珍しくありません。

市区町村入会金年会費月会費(月謝)ユニフォーム購入費用
川崎市宮前区¥11,000¥5,500¥13,000¥6,700
川崎市中原区¥3,370¥8,250¥11,740※算出不可※
横浜市中区¥12,500¥18,600¥10,780¥11,200
川崎市麻生区¥7,750¥8,250¥10,640¥7,700
茅ヶ崎市¥5,000¥5,000¥9,500¥4,000
相模原市緑区¥9,327¥8,000¥9,350¥30,407
横浜市都筑区¥10,267¥4,400¥9,320※算出不可※
横浜市港北区¥10,580¥6,570¥9,320¥3,000
横浜市青葉区¥3,300¥8,820¥8,897¥20,790
横浜市緑区¥5,500¥1,000¥8,800※算出不可※
厚木市¥12,980¥6,000¥8,750¥6,500
川崎市川崎区¥6,050¥1,050¥8,388※算出不可※
横浜市瀬谷区¥12,960¥6,000¥8,250¥6,500
横浜市磯子区¥12,960¥6,000¥8,250¥6,500
横浜市西区¥13,200¥13,200¥8,030¥11,000
大和市¥6,240¥6,865¥8,021¥6,125
横浜市金沢区¥3,750¥1,650¥7,464¥6,050
藤沢市¥2,100¥3,700¥6,665※算出不可※
小田原市¥7,490¥4,500¥6,625¥3,250
横浜市神奈川区¥1,375¥5,283¥5,750¥11,585
横浜市旭区¥3,990¥1,700¥5,663¥2,625
川崎市高津区¥4,133¥7,217¥5,156¥4,022
川崎市多摩区¥5,000¥5,000¥5,000¥17,300
相模原市南区¥5,852¥9,060¥4,765¥5,018
平塚市¥9,490¥3,650¥4,375¥3,250
綾瀬市※算出不可※※算出不可※¥4,000※算出不可※
中郡大磯町※算出不可※¥5,000¥3,167¥1,283
逗子市※算出不可※¥12,000※算出不可※※算出不可※
総計¥5,959¥6,286¥7,272¥6,819

※上記で記載している数値は、弊社の独自調査によって算出した値です。

横須賀市のサッカースクール・クラブの基本情報

  • 横須賀市の代表的なサッカースクール:リベルタサッカースクール など
  • 横須賀市周辺のサッカースクール情報:横浜市、三浦市、逗子市

※上記数値は、弊社の独自調査によって算出をしています。

おすすめのスクール・クラブを見る

神奈川県の三浦半島に位置する横須賀市。江戸時代に鎖国していた日本が開国するきっかけとなったペリーの来航は、横須賀市の浦賀でした。

現在も異国情緒の漂う町や、ビーチ、リゾートを観光に訪れる人も多いエリア。どぶ坂通りのアメリカンスタイルなお店や、イージス艦・潜水艦などの軍港めぐりも人気です。

主要駅は京浜急行の横須賀中央駅とJR横須賀駅。東京や横浜へは電車で1時間程度です。海辺のイメージが強いですが、内陸部には三浦富士や武山などのハイキングコースもあり、山頂から相模湾・東京湾の眺望を楽しめます。

横須賀市の人口は1990年代にピークを迎え、そこからは緩やかに減少しています。子どもの人口は減少幅がやや大きく、2000年から2015年までの15年間で幼児が約2,000人、小学生は約3,000人減っています。

おすすめのスクール・クラブを見る

サッカースクール・クラブを選ぶ上で大切な5つのポイント

数あるサッカースクール・クラブの中から、どのように選べばよいのか分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

詳しく見る(テキストが表示されます)

ポイント重要度詳細
①活動場所とスケジュール★★★学校とサッカーのバランスを取ろうとすると移動時間は無視することができません。通いづらいスクール・クラブを選んでしまうと移動が負担になってしまう可能性が高いため家からのアクセスが良くて通いやすいスクール・クラブを選ぶことを推奨します。また、クラブであれば遠征がどのくらいの頻度であるのかも把握しておきましょう。
②指導者の保有資格★★☆指導者がライセンスを保有しているか確認しましょう。日本サッカー協会が定める指導者ライセンスがA級~D級まで存在するものの資格を持たない指導者も存在します。可能な限りD級以上の指導者ライセンスを保有している指導者を推奨します。
③保護者への負担★★☆送迎が必要なのか、(持ち回りでの)保護者当番があるかを把握しておきましょう。保護者側にかかる負担を予め想定した上で入団(入会)するかどうか判断してください。
④費用の総額★★☆主に入会費・月会費(月謝)・年会費・スポーツ保険代・ユニフォーム代が必要です。特に、ユニフォームや練習着(ジャージなど)の購入が必須かどうかによっても費用は大きく変動します。
⑤指導における価値観★☆☆「サッカーを楽しむこと」「技術を磨くこと」「勝利を目指すこと」など、スクールやクラブが大切にしている価値観が異なります。スクールやクラブが大切にしている価値観が何かは事前に確認しましょう。
サッカースクールのおすすめの選び方とは?スクール・少年団・クラブチームの違いを解説!
【完全版】サッカースクールのおすすめの選び方とは?スクール・少年団・クラブチームの違いを解説!

「子供に小さいうちからサッカーをさせたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?でも、サッカースクールやサッカー教室もたくさんあって、どのように選べばよいのかわからないという人も多いはずです。 「 ...

続きを見る


サッカースクール(教室)とクラブの違いとは?

結論から言うと、サッカースクール(教室)がフォーカスしているのは選手一人ひとりの成長という点であり、クラブはクラブ全体の成長という点にフォーカスされています。

詳しく見る(テキストが表示されます)

サッカースクール・教室

サッカー教室の画像

こんな方にオススメ!

指導者に一人ひとりをしっかり見てもらいたい、改善したい部分をピンポイントで対策をしたい

サッカースクール・教室では、一般的に幼児~小学生をメインターゲットとしながら、サッカーを楽しんだり技術的な部分の向上を目的として指導が行われます。ドリブルやアジリティなどに特化したサッカースクールも近年は増加しています。

サッカースクール・教室は基本的に「運動能力や技術の向上」を目的としているため、対外的に試合を行うことがありません。そのため、試合経験を積ませるためにスクールとクラブを掛け持ちさせるケースも多いです。

また、サッカースクール・教室は一人ひとりへの指導が中心となるため(クラブに所属する場合と比較すると)月謝が少し高めに設定されている傾向にあります。一方で試合は行わないためユニフォームの購入が不要なケースも多く、入会時の初期費用を抑えやすいという特徴があります。

サッカークラブ・チーム

サッカークラブの画像

チームとして公式戦(リーグ戦やトーナメント)に出場をして少しでも上の順位を目指していく団体を「サッカークラブ」と呼びます。主に小学生から高校生までをメインターゲットとしています。

サッカークラブの中にも様々なタイプがあり、以下では「少年団クラブ」と「街クラブ(クラブチーム)」の2つに分けて説明します。

少年団

こんな方にオススメ!

費用を抑えてサッカーをしたい、同じ学校の友達と一緒にサッカーをしたい

近所の父兄やクラブのOBが、ほとんどボランティアのような形でサッカーを教えてくれるのが「少年団クラブ」です。

特徴の一つ目は、費用(月謝など)が非常に安いことです。上でも述べたとおり、指導をしてくれる方々がほぼ無給で動いてくれるので、月謝を抑えながらサッカーをすることができます。費用面に関して入団のハードルは低いですが、活動があるたびに保護者同士が持ち回りで当番を行う必要があります。

特徴の二つ目は、近所で友だちを作りやすいことです。近隣のエリアでサッカーをしたい子どもたちが集まるため、同じ小学校や近くの小学校に通う子どもたちでチームが構成されやすいです。そのため、サッカーを通じて近所の友だちと仲良くなることができるという点も少年団クラブに所属する大きなメリットです。

街クラブ

こんな方にオススメ!

(指導者やチームメイトの)レベルが高いところでサッカーをしたい、競争のある環境でサッカーをしたい

街クラブは、少年団クラブと少し異なり、コーチが正社員・アルバイトなどで給料をもらいながらサッカーを指導してくれます。

クラブから給料をもらえるレベルのスタッフが指導にあたってくれるため平均的に見て指導のレベルが高いです。中にはサッカー選手としての経験が豊富な方など、より実践的且つ高いレベルでサッカーを教えてくれるのが街クラブの特徴です。なお、クラブチームの最たるものはJリーグの下部組織(アカデミー)です。

また、様々な地域から「サッカーがうまくなりたい」という意欲の高い子どもたちが集まるのが街クラブ(クラブチーム)の魅力です。チーム内でメンバー争いなどの競争も発生するため、チームメイト同士で切磋琢磨しやすい環境が用意されています。

おすすめのスクール・クラブを見る

【サルウェブ編集部おすすめ!】横須賀市のおすすめサッカースクール

リベルタサッカースクール

おすすめ

リベルタサッカースクールのファーストビューキャプチャ

※出典:https://liberta.sport-school.com/

リベルタサッカースクールとは、リーフラス株式会社が運営するサッカースクールです。リーフラス株式会社では、サッカーだけでなく野球・空手・バレーボールなど幅広くスクール事業を展開している業界最大手の会社です。全国約1,500箇所にサッカースクールの拠点を構えており、会員登録者は約20,000人を超えています。

リベルタサッカースクールでは、コーチ(指導者)に元プロ選手を起用するなど技術面の指導に力を入れているだけでなく、指導方針に「(子供を)認める」「褒める」「励まし、勇気づける」という3つのポリシーが含まれており「身体だけでなく心も鍛える」という考え方が根付いています。スポーツ経験の有無にかかわらずどんな子どもでも参加しやすいのが特徴的なサッカースクールです。

※「リベルタサッカースクールの評判・口コミ」は別記事をご参照ください。

リベルタサッカースクールのココがおすすめ!

リベルタサッカースクールの指導者(コーチ)陣は、「安全」「教育」「指導」の厳しい研修を受けて合格した人のみ採用しています。またスクールの活動中は、基本的にお茶くみ当番や祝勝会など、保護者様の負担となるようなことも一切ありません。

業界No.1だから安心!無料体験も受付中!

公式HPをチェックする

横須賀市で開催しているJクラブ運営のサッカースクール

※現在表示できるスクール情報はありません。

横須賀市のサッカースクール・クラブ一覧

※現在表示できるスクール情報はありません。

【サルウェブ調べ】横須賀市の強豪サッカークラブ

小学生(U-12)の強豪クラブチーム

鴨居SC

横須賀鴨居サッカークラブ

※出典:http://www7b.biglobe.ne.jp/~kamoisc/

柴崎貴広選手の卒業校である鴨居小学校、伊東純也選手・谷口博之選手が通った小原台小学校などを活動拠点とするジュニアサッカーチーム。現在はキッズから6年生まで約70名が所属。各学年に地域リーグやTRMなど豊富な試合機会がある。

鴨居SC の基本情報
主な活動場所鴨居小学校 など
OB・OGの進路先不明
当クラブ出身のサッカー選手柴崎貴広選手(SC相模原所属)、伊東純也選手(KRCヘンク所属)、谷口博之選手(元サガン鳥栖所属)など
鴨居SC の過去実績
2018年度第45回神奈川県少年サッカー選手権中央大会 ベスト8(6年生)

横須賀シーガルズジュニア

横須賀シーガルズジュニア

※出典:https://www.yokosuka-seagulls.com/

メンバーは横須賀市野比・粟田地区を中心に、横浜市・三浦市・葉山町から通う選手も。一般チームは土日祝中心の活動で無理なく参加できる。2021年からは強化チームも始動。平日練習やフィットネストレーニング、オンライントレーニングなどの追加メニューでより密度の高い練習を行う。強化チームからはジュニアユースへの内部昇格制度もあり。

横須賀シーガルズ の基本情報
主な活動場所野比小学校・野比東小学校・粟田小学校・神明小学校 など
OB・OGの進路先不明
当クラブ出身のサッカー選手石川直宏選手(元横浜F・マリノス所属)、大野忍選手(元日テレベレーザ、日本代表) など
横須賀シーガルズ の過去実績
2020年度プレミアリーグ神奈川U-11 2部A 第4位、全日本選手権横須賀予選U-12 優勝
2021年度プレミアリーグ神奈川U-11 2部B 第1位

中学生の強豪クラブチーム

横須賀ジュニアFC

横須賀ジュニアFC

※出典:http://yokosukajrfc.web.fc2.com/

1985年創設、横須賀地区で最初のジュニアユースクラブチーム。選手の一人一人とコミュニケーションを取り、各選手の能力に合わせた指導を行う。学校の試験日に合わせて試験休みもあり、学業との両立も可能。

横須賀ジュニアFCの基本情報
主な活動場所横須賀市立はまゆうグランド など
OB・OGの進路先不明
当クラブ出身のサッカー選手不明

ライオンズSCジュニアユース

FCバルセロナのトレーニングを参考にしたメソッドで、各世代に合わせ基礎技術の徹底やトータルフットボールの習得を目指す。プロサッカー選手の育成を柱とする一方で人間育成にも力を入れており、文武両道の方針のもと、クラブ生向けの学習塾の運営や進学サポートも行う。

ライオンズSCジュニアユースの基本情報
主な活動場所横須賀フットサルパーク など
OB・OGの進路先静岡学園、帝京第五高校、湘南学院、湘南ベルマーレユース など
当クラブ出身のサッカー選手安藤良平選手(名古屋オーシャンズ所属、フットサル日本代表) など

サルウェブのロゴ画像
本記事の執筆・監修者:
サルウェブ編集部

「サッカーを日本の習いごとNo.1にすること」をミッションに掲げ、日本中のサッカースクール・クラブの魅力を発信。サッカースクール・クラブの評判や口コミも掲載中。


「サルウェブに掲載してみたい」というサッカースクール・クラブ様はこちらからお気軽にお問い合わせください。

-神奈川県

Copyright © ShroveJapanLLC , All Rights Reserved.