【保存版】サッカークラブで海外遠征に行くまでの流れ・メリットを徹底解説!

更新日:

サッカーチームが海外遠征(グループ留学)に行くメリットとは?

小学生~高校生年代の選手たちにサッカーの指導をしている方で、「子どもたちを海外遠征に連れていってあげたいけれど何から手を付けてよいか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

当たり前ながら、日本の中での国内遠征と比べて海外遠征は費用がかかります。一方で、伸び盛りである育成年代の選手たちに、早い段階で世界のサッカーを体感させてあげることはあらゆる面で子ども達の成長に大きく繋がります

本記事ではサッカーチームの海外遠征についてまとめています。「チームやクラブ単位での海外遠征に興味がある」というクラブスタッフ・指導者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の結論(まとめ)

  • 渡航先の国を決めた上で、現地サポートをしてくれる留学エージェントを探す必要がある。
  • 遠征中のプログラム(やそれに応じたサポート費用)はエージェントと話し合った上で決定する。
  • エージェントによって提供できるプログラムが異なるためエージェントを比較することが大切。サルウェブでは厳選された留学エージェントを最大6社まで紹介可能

またサルウェブでは、クラブスタッフ・指導者の方からの海外遠征(グループ留学)に関する質問も無料で受け付けています。以下のLINE公式アカウントからお気軽にご相談ください。

LINE@の友だち追加ボタン

チームで海外遠征をするまでの3STEP

①遠征先となる国を決める

世界地図の画像

まずはじめに、遠征先となる国を決定する必要があります

渡航先としてメジャーな国は、ヨーロッパであればスペイン・ドイツ・イギリス、南米であればブラジル・アルゼンチンあたりが候補として挙がってきます。もちろん、これらの国以外でもサッカー留学ができる可能性はあります。

どの国に遠征に行くのがベストか分からない、行きたい国は決まっているけれどどうすればいいか分からない、という方も一度サルウェブまでご相談ください。予算や要望にあわせて、おすすめの遠征先の国をいくつか提案させていただきます。相談は完全無料なのでご安心ください。

②対応する国のエージェントを探す

遠征先となる国が決まったら、次に現地でサポートをしてくれるエージェントを探す必要があります。

「エージェントってなに?」という方もいると思うので、エージェントの役割について簡単に説明します。なお、エージェントのことを「コーディネーター」という言い方をするケースもありますが、この場合はほとんど同じ意味で使われます。

エージェントの役割とは?(以下、例)

  • 遠征におけるプランニング(サッカー以外の時間も含む)
  • 遠征先での現地サポート(送迎・通訳・病気や怪我へのサポートなど)
  • 遠征先でのマッチメイク(練習試合の相手・日程調整など)
  • 指導経験豊富な現地スタッフによるクリニック開催 etc.

エージェントは現地に何年~何十年と滞在しているケースがほとんどで、その国の現地クラブとのコネクションも豊富に持っています。そのため、エージェントと契約をして海外遠征をすることによって、現地でのトラブルも少なく有意義な時間を過ごすことができます。また、ケースによっては国際大会や招待大会に参加することができる可能性もあります。

サルウェブからご紹介するエージェントは、いずれもチーム遠征(グループ留学)のサポート実績を持つエージェントです。手間をかけずに厳選された優良エージェントをご紹介できますので、お気軽にご相談ください。

③エージェントと具体的な遠征プランを詰めていく

会議室の画像

信頼できるエージェントを見つけることができたら、あとは「どのような相手と練習試合をするのか?」「宿泊場所をどうするのか?」「観光はどこを訪れるのか?」などといった具体的な遠征プランや費用について、すり合わせを行っていきます。

現地の事情はエージェントが一番詳しく把握しているため(特にこだわりがない場合は)おおまかな希望と予算感だけを伝えて、詳細はエージェントにおまかせするのがおすすめです。

そしてプランが固まったら、あとはチーム(クラブ)内で周知を行って渡航の準備をするのみです。

チームで海外遠征をすることの3つのメリットとは?

①日本サッカーとの違いを"肌"で実感することができる

日本のサッカー界がヨーロッパと比べて進歩が遅いと言われている理由の一つに日本が島国であること(隣国が存在しないこと)がしばしば挙げられます。

ヨーロッパの場合、EUに加盟している国同士であれば簡単に国をまたいだ移動をすることが可能です。そのため、他国のチームと練習試合をすることが比較的容易です。

一方、日本は島国のため、海外のクラブと練習試合をしようにもなかなかハードルが高いという現状があります。そこであえて、海外遠征という機会をチーム(クラブ)側が提供をしてすることで、より選手たちに貴重な経験を与えることができます。

②"海外"という選択肢を持つ選手が増える

日本国内でプロサッカー選手になりたいという選手がいたとき、その目標を達成するためには日本のトップリーグにあたるJリーグに所属しているわずか数十クラブから声がかからないといけません。サッカーをしている選手の中でも1,000人に1人の確率という、非常に狭き門をくぐり抜ける必要があります。

しかし、日本以外の国に視野を広げることで対象となるプロ~セミプロのクラブ数は格段に増えます。それゆえ、プロ選手になることができる選択肢も大きく広がります

また、日本で評価されなかった選手が海外サッカーの方が相性が良く、海外へ渡ってから大きな評価を得てプロになれる可能性もあります

若いうちに海外遠征を経験していることで、選手たちの中で「海外挑戦」というハードルを下げることができます。それによって、「海外でサッカー選手を目指したい」という選手が増えていくはずです。

「サッカー選手になりたい」という選手たちにとって、若い時期の海外遠征はかけがえのない財産になることは間違いありません。

③サッカーを通じて異国の文化や慣習に触れることができる

サッカーチームで海外遠征に行くメリットは、サッカーの面だけではありません。今までに触れたことのない海外の文化や価値観、歴史などを肌で感じることができます。

日本国内では決して体感できない経験を、サッカーという手段(ツール)を利用して経験することができるのも、サッカーでの海外遠征の大きなメリットと言えます。

まとめ

選手が飛躍的に成長する育成年代のうちに、日本以外の本場のサッカーを体感できることが海外遠征の大きな魅力です。

サッカーでの海外遠征に興味があるというクラブスタッフや指導者の方は、サルウェブのLINE公式アカウント(以下)からご相談ください。まず話を聞いてみたい、という方でも構いません。

サルウェブがあなたのクラブにあったエージェントや遠征プランをご提案させていただきます。

LINE@の友だち追加ボタン

-留学・トライアウト

Copyright © ShroveJapanLLC , All Rights Reserved.